技術情報

当社小型ヒーターと水槽の組み合わせについて

A型、W型、WJ型ヒーターとは

当社では現在大きくA型とW型の2種類のヒーターがあり、それぞれ対応できる水槽が異なります。
A型は従来より長年販売されていたヒーターで、その際特にA型という名称はありませんでしたがW型と区別するためここではA型と称しています。

AA型: 加温部のみ(ガラス管1本)円錐型ゴム栓で固定する
WWまたはWJ型: 加温部のほかヒューズがついている(ガラス管2本)ネジ止めにより固定する

W型はさらにコネクタ部の違いにより2種類に分けられます。コネクタによって出力電圧や使用できる温度調節器が異なります。

W型
WJ型
タイプガラス部コネクタ形状適用温度調節器
A型1本B-93A*1
B-93-YPT*1
B-93-YTC1KL*2
W型2本B-93-YTC300*3
WJ型2本B-93A*1
B-93-YPT*1
*1 AC100V入力/AC100V出力 
*2 AC100-240V入力/AC100-240V出力
(入力された電圧のまま出力します ex.AC100V入力→AC100V出力, AC230V入力→AC230V出力)
*3 AC100-230V入力/DC48V出力

温度調節器の詳細はリンク先をごらんください。

 

ヒーターと水槽の組み合わせ

基本的にはどのヒーターにも対応した水槽をご用意しています。
水槽にはヒーターを差込むタイプと投込むタイプがあります。

ヒーターを差込むタイプ
ヒーターを投込むタイプ

投込むタイプは基本的にどのヒーターも使用できますが、 加熱部の長さと液面高さ、液量とW数、水槽に固定するための止具の選択等 注意する点が多くあります。詳しくはお問い合わせください。

差込むタイプは差込口の形状によって使用できるヒーターがA型、W型と異なります。
特に買い替えや追加購入の場合は以下のチャートをご確認ください。

すでにヒーターをお持ちで水槽を探している方

 

すでに水槽をお持ちでヒーターを探している方

関連記事

製品カテゴリ


  1. めっき用分析器
    めっき液の成分分析装置 ボーメも

  2. めっき用試験器
    ハルセル 応力計など電着試験装置

  3. 実験および少量生産装置
    水槽と付帯設備のセット

  4. バレル
    水平式・傾斜式 最少はてのひらサイズから

  5. 水槽
    様々なサイズ・材質があります

  6. ヒーター・温度調節器
    小型ヒーター CE対応温度調節器

  7. ろ過・撹拌装置
    水槽に合わせた小型ろ過器

  8. 電源
    アナログタイプやPC制御タイプ  

  9. 揺動装置(カソードロッカー)
    アナログタイプやPC制御タイプ  

  10. 治具
    引掛治具 チタンクリップ

  11. 陰極・陽極
    様々なサイズ・種類あり

  12. 筆めっき
    修復など部分めっき

  13. その他
    アノードバック
ページ上部へ戻る