お知らせ

【新製品情報】3D揺動装置、噴流めっき装置他7製品の発売開始

株式会社山本鍍金試験器は2020年1月29日より新製品の販売を開始いたします。

なお、下記製品は、2020年1月29日~1月31日に東京ビッグサイトで開催される「SURTECH2020 表面技術要素展」にて展示いたします。

新製品情報

    1. 3D揺動装置(B-98-3D)
    2. バーティカルカソードロッカー〔VCR〕(B-89-VCR)
    3. 電解研磨用送液ポンプ(A-43-BEP)
    4. 筆めっき用送液ポンプ(A-43-PU)
    5. 傾斜バレル鯱鉾 ミニ (B-76-KWMN-W)
    6. 循環型補給めっき装置(B-92-SO)
    7. 噴流めっき装置(B-50-JET)

B-98-3D 3D揺動装置

動画はこちら↓

揺動装置

3D揺動装置 

「上下」「左右」「前後」の3軸に対しスピードのコントロールができる揺動装置です。従来の「上下のみ」「左右のみ」の1軸から改良いたしました。
■特長
・攪拌ムラの防止や電解研磨に最適
・揺動パターンは無限大
・人の手に近い動きが再現可能

回転数0~50rpm(可変)
ストローク各50mm
外寸B-98-3D05(小):約200Dx280Wx460H
B-98-3D15(大):約370Dx350Wx510H
※突起物除く
入力AC100V
最大積載量B-98-3D05(小): 0.5kg
B-98-3D15(大): 1.5kg

B-89-VCR バーティカルカソードロッカー〔VCR〕

 

揺動装置

バーティカルカソードロッカー 

上下に弧状に衝撃を与えることで、サンプルの気泡を除去する小型の揺動装置です。
■特長
・無電解めっきに最適
・ビーカーでの実験にも有効
・10ステップの制御運転が可能(プログラマブルタイプのコントローラーの場合)

電源AC100-240V
揺動幅10mm(ブスバーの長さが160mmの場合)
回転数0~19 RPM
消費電力5W 
外寸(設置寸法)120(D)×320(W)×135-220(H)mm 

A-43-PU 筆めっき用送液ポンプ

筆めっき

筆めっき用送液ポンプ 

筆めっき用の薬液をポンプで筆先に供給する送液ポンプです。筆具を薬液に浸す手間がなくなり、安定して薬液を補給できるため、安定しためっき処理が可能です。

筆先材質カーボン
流量約6~18ml/分
入力AC100V

A-43-BEP 電解研磨用送液ポンプ

筆めっき

電解研磨用送液ポンプ 

電解研磨用の薬液をポンプで筆先に供給する送液ポンプです。従来は水槽を用意しなければならなかった電解研磨処理が、水槽不要で簡便に行えるようになりました。

■特長
・大きな品物の電解研磨に最適

筆先材質カーボン
入力AC100V

 


B-76-KWMN-W 傾斜バレル鯱鉾 ミニ

写真右:傾斜バレル鯱鉾 ミニ
写真左:傾斜バレル鯱鉾(従来品)

実験および少量生産装置

傾斜バレル鯱鉾 ミニ 

少量のめっき液で処理ができるように開発された、5Lビーカーに入る傾斜バレルです。

■特長
・貴金属めっきに最適
・ドラム内の段差がきわめて滑らか
・ドラム・電極のカスタマイズ可能

ドラム回転数0~34rpm(可変)
材質PP 他
外寸(設置寸法)250Dx90Wx300Hmm
ドラム容量100ml
(投入量:約20ml)
耐熱温度90℃

B-92-SO 循環型補給めっき装置

実験および少量生産装置

循環型補給めっき装置

長時間めっきに対応するために開発された、本槽と予備槽を備えためっき槽です。ヒーターによる加熱や蒸発などによる水の減少分を補給し、液循環を行います。

水槽材質耐熱塩化ビニール
外寸780Wx450Dx700Hmm
(写真製品の場合)
ポンプ入力電圧AC100VまたはAC200V

B-50-JET 噴流めっき装置

実験および少量生産装置

4inchウェハ用噴流めっき装置

めっき液をサンプルへ高速で吹きつけ、高電流密度下でのめっき試験を行う装置です。

■特長
・1cmx1cm角サイズ~φ4inchまで対応
・サンプルの脱着が簡便
・均一な力で固定可能

仕様(4inchウェハ用)
材質
アクリル、PP、SUS304他
耐熱温度65℃
内寸サイズ
155D×770W×300Hmm
外寸サイズ180D×800W×300Hmm(外部装置を除く)

山本鍍金試験器について

株式会社山本鍍金試験器(本社:東京都渋谷区)はめっき用試験器・分析器の専門メーカーです。1950年の創業以来、ビーカーサイズから100L程度までの小型装置に特化して開発してきました。精密めっき用の装置の開発を得意とし、MEMS・半導体分野では特許も多数取得しています。
また、その技術を応用した医工学用の実験器具やエネルギーデバイスなど、めっき分野以外の装置も製作しています。
 

過去のお知らせ

ページ上部へ戻る