A-45WJ /A-45W 高速めっき用ハルセル試験装置

丸棒タイプの試験片(φ8x100mm)をモーターで高速回転させながらめっきするハルセル試験器です。撹拌速度ごとの電流密度分布の析出皮膜を1本の試験片に得ることができます。高速めっきをすることで、より現場に近い電流密度で実験ができます。
高速ハルセルで分かること
・皮膜の析出状態は光沢や焦げ、くもりとして外観でも判断できます。
・撹拌の強さによる添加剤の影響を調べる事が出来ます。
活用事例
・撹拌速度、電気量、電源の立ち上げ速度の管理による、フープラインにおける最適な陽極配置の検討
・バレルめっきや通常のめっき液の管理
一定電流密度での撹拌効果を調べられるかくはん効果試験装置と組み合わせて使用する事で、より多面的に分析することがきます。ほとんどの部品が共用品ですので、両方分析できるセット(A-45WJ-T)もぜひご利用ください。高速めっきに対応したハルセル試験器です。

仕様

外 寸(設置寸法)
325(L)×305(W)×730 (H)mm
水槽容量5L 
重量 13.5Kg
回転装置容量 35W

高速めっき用ハルセルの原理

高速めっき用ハルセル(HCHS)の原理

高速めっき用ハルセル(HCHS)の原理

高速めっき用ハルセル(HCHS)は、従来のハルセル水槽を縦にしたような外観で、陰極と 陽極との距離が、近い部分と遠い部分を同時に得られる形状をしています。 これにより陰極である試験片に、低電流密度部分から高電流密度部分にわたる広範囲な陰極 電流密度の分布を得ています。

この試験片をモーターで回転させて、高速めっきに対応しています。つまり、従来のハルセル陰極板を棒状にして、これを回転させることで、試験片を高速に動 かす原理になります。そのため、例えば 40rpmの回転数で試験片を回転させた場合、試験片の 直径がΦ 8mm なことから約 1m/ 分の陰極揺動をしたことになり、同じ撹拌速度(回転数) における各電流密度の分布を一つの試験片上に得ることができます。

試験片の陰極電流密度の値は、回転数 10 ~ 3000rpm の範囲内では、回転数に関係なく一定 の分布を示し、試験片の先端から 1 ~ 9cm の範囲で適用される分布式が得られます。

[陰極電流密度の分布式]

Dk = I ( a – b log x )

Dk:陰極電流密度 ( A/dm2 )
I  :総電流値 ( A )
a,b :めっき液の種類と陰極電流効率により決まる定数
x  : 試験片の先端からの距離 ( cm ) ( 但し、1cm ≦ x ≦ 9cm

高速めっき用ハルセルの試験結果例高速めっき用ハルセルにおける陰極電流密度の分布例

製品カテゴリ

  1. ハルセル

    ハルセル試験用水槽、極板、付属部品等
  2. 応力測定器

    スパイラル応力計、ひずみゲージ式精密応力計
  3. 均一電着性試験器

    ハーリングセル、ベントカソード
  4. 分析器

    滴定分析器、サルファメーター、トリクロムメーター
  5. ウェハめっき装置

    ウェハ水槽、治具、両面めっき用
  6. バレルめっき装置

    水平バレル、傾斜バレル、ダミーボール
  7. めっき装置

    ビーカーサイズから20Lまでのめっき装置セット
  8. 電源

    アナログタイプやPC制御タイプ  
  9. ろ過器

    ミニミニフィルター、マルチフィルター、エアーポンプ
  10. 揺動装置

    縦型揺動装置、3D揺動装置、カソードロッカー
  11. 水槽

    様々なサイズ・材質があります
  12. ヒーター・温度調節器

    小型ヒーター CE対応温度調節器
  13. 止具・治具

    水槽止具、引掛治具、クリップ、ブスバー
  14. 極板・アノードバック

    陽極板、陰極板、各種試験片、アノードバック、隔膜ホルダー等
  15. 筆めっき

    筆具、筆めっき液、送液ポンプ
ページ上部へ戻る